日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA、大塚裕司会長)は、2011年度に入社する新入社員を対象としたビジネスセミナーを4月19日に開く。

 JCSSAの人材育成委員会は、IT企業に入社する新入社員に対して、IT業界の動向を教えるセミナーを2004年から毎年開催している。新社会人としてのビジネスマナーやIT業界で事業展開するうえで必要な知識などを有識者を講師に招いて説明している。JCSSAの会員企業に入社する社員は無料で受講でき、会員企業の人事部や教育担当者などが、新人研修の一環として活用しているという。

 今回のセミナーで講師を務めるのは、研修事業を手がけるパンネーションズコンサルティンググループの安田正代表取締役と、日本マイクロソフトの樋口泰行社長。安田氏は、「コミュニケーションの重要性」をテーマに、社会人・ビジネスマンにとって重要なコミュニケーションの取り方などについて講演する。

 安田氏は前年のビジネスセミナーでも同様の内容で講演しており、前回が参加者の評価が高かったことから今回も講師を務める。安田氏は、執筆活動にも積極的で主な著書には『会話のうまさで人生は決まる! 成功に導く12のテクニック』(日本実業出版社)などがある。一方、樋口氏は「これから飛躍するIT人材へのメッセージ(仮)」と題し、スピーチする。

日時 2011年4月19日(火)
    14:00~16:40
場所 文京シビックホール 大ホール
    (文京区春日1-16-21)
内容 2011年度新入社員向けセミナー
講師 パンネーションズコンサルティング
    グループ代表取締役 安田正氏、
    日本マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏