米ストラタステクノロジーは4月19日、グローバル企業の情報システム部門のエグゼクティブを対象とした、米ITIC Corporation(ITIC)の「2010-2011 Global Hardware and Server OS Reliability Survey(2010-2011年 ハードウェアとサーバーOSの信頼性に関するグローバル調査)」において、ストラタステクノロジーのテク二カル保守サービスに対する評価がIBM、HP、Dellの評価を大きく上回る結果になったと発表した。

 ITICは、10年11月から11年2月までの期間中に、世界各地の企業470社の情報システム部門およびトップレベルのエグゼクティブに対して、Webベースのオンラインアンケート調査を独自に実施した。この調査は、サーバーハードウェア・プラットフォームを提供する代表企業14社と、サーバーOSを提供する上位18社に対し、システムの「信頼性」に関してエグゼクティブにアンケート調査を行うことを目的としたもの。

 調査の結果、ストラタス「ftServer」ユーザーの84%が、企業評価の項目で“優秀”あるいは“非常に良い”と回答した。同評価においてHPは76%、IBMは72%、次いでDellが70%と続いている。また、ストラタスにはマイナス評価が全くなかったのに対して、この3社には“物足りない”、“不満”といった評価も見受けられた。ITICでは、レポートの中で「ストラタスの優れた保守サービスは、顧客から高い評価を得ている」と報告している。

 ITICの報告によると、ストラタスの広範かつ細部まで行き届いたテク二カル保守サービス、および積極的なサポートスタッフの対応について、主に中堅企業と大規模企業の顧客から高い評価を獲得。「社内で解決できない場合に、ストラタスのサポートスタッフに連絡しているが、問題を解決するためにあらゆる手段で迅速に対応してくれる」と、調査回答者の1人は述べている。