みずほ情報総研(井上直美社長)は4月21日、企業および多くの子会社、関連会社をもつ企業グループに向けた「プライベートクラウド基盤構想コンサルティング」を5月から本格展開すると発表した。

 「プライベートクラウド基盤構想コンサルティング」は、技術標準化や共通基盤整備などのコンサルティングを通じて蓄積した同社のノウハウを活用し、企業および企業グループにおけるクラウド基盤構築を支援するサービス。

 共通化・標準化フェーズにおいて、サービスレベルに応じて企業の技術体系を一元的に定義・可視化し、更新していくための独自の「技術参照モデル(TRM:Technical Reference Model)」をベースに、ミドルウェアやプラットフォームなどの標準化、サービスレベルの明確化を行い、運用やセキュリティなど全社で共通化すべき共通基盤の利用・整備指針を策定する。あわせて、プライベートクラウド基盤を前提とした開発基盤、開発プロセスの標準化についても検討を行う。

 また、統合化・クラウド化のフェーズでは、仮想化技術の適用目的を整理したうえで、適用範囲や要件を検討し、製品選定、ベンダー選定、実施計画の策定までを実施する。