エヌ・シー・エル・コミュニケーション(NCLC、関根尚社長)は、エフセキュアのアンチウイルスソリューションを発売した。

 エフセキュアのアンチウイルスソリューションは、エンドポイントからゲートウェイまで幅広い範囲で、企業のセキュリティ対策をサポートしている。オンプレミスのソフトウェアだけでなく、SaaS型の「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB)」に対応する。PSBでは、ウェブベースの管理ポータルによって、サーバーを新設することなく社内PCのセキュリティの一元管理を実現する。

 NCLCは、エフセキュア製品を自社製品ラインアップに加えることで、HDD暗号化によるこれまでの情報漏えい対策を中心としたセキュリティソリューションから、包括的で強固なエンドポイントセキュリティソリューションの提供を実現した。