ニュース

IDC Japan、国内ディスクストレージ市場調査、NASとSANへのシフトが進む

2011/05/16 10:26

 IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、5月16日、国内外付けディスクストレージシステム市場の2010年実績を発表した。

 市場規模は、前年比1.6%減の1687億6900万円だった。メインフレーム・ディスクストレージシステムの売り上げが前年に比べて13.9%減少したことが響いた。ただし、SANやNASなどの「オープンネットワークストレージ」が伸びたことで、09年に比べて前年比較のマイナス幅は狭まった。

 SANとNASを合わせたオープンネットワークストレージは、前年比8.0%増。詳細をみると、NASはファイル共有のほか、バックアップ、アーカイブなどの用途が広がっていることが成長につながって19.3%増。また、iSCSIはサーバーの仮想環境で利用するネットワークストレージとして採用されるケースが増えて76.9%増となった。

 サーバーに直接接続するDASの売り上げは前年比17.1%減で、IDC Japanは「DASからオープンネットワークストレージへの投資シフトが一段と進んでいる」と分析している。(木村剛士)
  • 1

関連記事

IDC Japan、国内SMBの2010年のIT支出額を地域別で調査、トップは関東

ディザスタ・リカバリ対策への投資に回復の兆し、IDCが発表

東日本大震災が国内IT産業に与える影響、市場規模は4.5%減に、IDCが調査

IDC、クラウド向けソフト市場、2015年にプライベートがパブリック上回る

IDC、国内のIFRS関連サービス動向、ITサービス支出は4月から徐々に拡大

外部リンク

IDC Japan=http://www.idcjapan.co.jp/top.html

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>