ドリーム・アーツ(山本孝昭社長)は、6月14日、日本航空(JAL、大西賢社長)が、本社やグループ企業、海外支店を含めたスタッフ3万5000人が利用する情報共有基盤として、企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE」を採用したと発表した。

 JALへの提案と導入・構築は日立ソリューションズ(林雅博社長)が担当し、今年9月の稼働に向けて準備を進めている。

 JALは、情報共有の促進などを目的として、2002年に社内情報ポータル「e-WorkStyle」を構築。間接部門の業務効率化などで成果をあげてきた。しかし、ユーザーが拡大するにしたがって、「欲しい情報に迅速にたどり着けない」などの問題が浮かび上がり、ハードウェアの保守期限切れを契機に、システムの刷新を検討していた。

 新システムの選定にあたっては、4項目の評価軸で選考を行い、「INSUITE」の採用を決めた。具体的な評価指標は、(1)経営情報をスタッフ全体へ迅速に伝達できること(2)伝えたい情報を容易に発信・共有でき、利用状況が確認できること(3)欲しい情報に容易にたどりつけること(4)情報漏えい防止など、セキュリティの確保。(木村剛士)