グループウェア最大手のサイボウズが、新たな挑戦を始めた。建設業など、ユーザー企業の業種・業界ごとに個別に求められる専門機能を他のソフトメーカーと組んでグループウェアに付加し、それをクラウドサービスに仕上げて提供しようとしている。これまでのサイボウズにはない奇策ともいえる新戦略だ。第一弾として、建設業向けグループウェアを発売した。ラインアップを増やし、「全業種に向けたサービスを展開したい」と同社の企画・開発担当者は意気込む。新戦略を打ち出した背景には、国内グループウェア市場の飽和状況がある。今回の新サービスは、ナンバーワンメーカーでも、新たな策を講じなければ国内では成長できないという危機感の現れだ。(木村剛士)