オージス総研(平山輝社長)と日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、大阪ガス(尾崎裕社長)がオラクルのデータベースマシン「Oracle Exadata」を活用した全社共通のデータ活用基盤システムを構築し、稼働を開始したと発表した。

 大阪ガスでは、10年3月、経営や各事業部の意思決定の迅速化、管理監督者やスタッフによるデータ活用力の強化、効率的なIT投資を実現するため、「Oracle Exadata」を採用し、全社共通のデータ活用基盤システムの構築を開始した。

 新データ活用基盤システムでは、「Oracle Exadata」の高い処理性能を生かして、日常業務で発生するさまざまな明細データを一元的に集約し、経営層、ユーザー部門それぞれの要望に応じて柔軟な分析が可能にした。

 同システムの導入プロジェクトは、オージス総研が担当。オージス総研では、大阪ガスの業務での豊富な実績に基づき、全社規模での活用に適したデータウェアハウスの構築・運用、データ活用業務プロセスの設計、データ活用基盤の利用促進を目的とした活動を実施した。また、日本オラクルは、「Oracle Exadata」を活用した最新のデータウェアハウス構築手法についてのコンサルティング・サービスを通じて、プロジェクトの円滑な推進に支援した。