ニュース

米クエスト、ガートナー社の11年マジック・クアドラントでAPMのリーダーに

2011/10/07 10:37

 米クエスト・ソフトウェアの日本法人である日本クエスト・ソフトウェアは、10月6日、米本社が調査会社ガートナーによる2011年のマジック・クアドラントのアプリケーション・パフォーマンス監視部門 (APM) で、「リーダークアドラント」に位置付けられたと発表した。

 パフォーマンス・ソリューション「Foglight」は、パフォーマンス監視の複雑さを軽減し、物理と仮想化、これらの混合インフラストラクチャ環境でのアプリケーション・パフォーマンスやエンドユーザー・エクスペリエンスに影響を与える問題を可視化することができる。

 導入や管理が難しい個別の製品で構成されている従来のパフォーマンス監視/管理ソリューションとは異なり、「Foglight」はシングル・コードベースのモジュール型設計でゼロからつくり、APMのすべての側面をシームレスに統合している。これによってアプリケーション・パフォーマンス監視をシンプルにし、アプリケーション、ユーザー・エクスペリエンス、基底となるインフラストラクチャの管理に必要となるスキルと労力を軽減する。
  • 1

関連記事

日本クエスト・ソフトウェア 社長 大越大造

日本クエスト・ソフトウェア 仮想バックアップの課題を安価に解決 「vRanger 5」を日本市場に投入

日本クエスト・ソフトウェア、VMware用データ保護ソフトの新バージョン

日本クエスト・ソフトウェア、バックボーンとの統合でセミナーを開催、17製品を一挙紹介

Questとサイオス、遠隔地にデータをバックアップする災害復旧ソリューション

外部リンク

日本クエスト・ソフトウェア=http://jp.quest.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>