日本IBM(橋本孝之社長)は、10月7日、「Lotus Knows EXPO 2011」を開催した。

 昨年に引き続き「人と人とが、つながる、広がる、動きだす。」をテーマに開催。IBM Lotusに加え、大塚商会やリコージャパン、日本ビジネスコンピューターなど、約40社のLotusパートナー・ソリューションを展示した。会場では、ソーシャルネットワークやユニファイド・コミュニケーション、ポータル、文書管理、モバイルなど、11分野の専門家がLotusエキスパートとして企業担当者の疑問に答えていた。

 基調講演では、IDGジャパンの『CIO Magazine』の福田悦朋編集長やアナウンサーの中田有紀氏らをキャストに迎え、これからのビジネス・コラボレーションのあり方やソーシャルメディアのビジネスでの活用法などを、テレビ番組形式で紹介。このほか、パートナーや日本IBMのセッション、「公開討論会! “企業内ソーシャルはどこに行くのか?グループウェア時代を生き抜いた人々に聞く!”」と題したパネルディスカッションなどを実施した。(信澤健太)