ダイナコムウェア(羅慧美代表取締役)は、中国電子技術標準化研究所、全国情報技術標準化技術委員会と協力し、中国文字コード規格「GB18030」の無料セミナーを、10月24日に東京で、10月25日に大阪で開催する。

 最近盛んな中国向けの商品開発に伴い、ダイナコムウェアには、政府ビットマップフォントライセンスのフルセット、サブセットの使い分け、2回目の更新情報に関しての問い合わせが増加。また、近年需要が増えているアウトラインフォントの対応方法など、規格に対する関心も高まっているという。そこで、この規格への日本国内の理解を促進するために、「GB18030」の説明会を開催するもの。セミナー参加費は無料。

 中国国内向けの文字情報処理製品には、中国の文字コード規格「GB18030」を使用する必要がある。「GB18030-2005」は、拡張漢字を含むUnicodeの文字セットを完全に収録した規格。規格が発表されてから今年で10年目で、中国国内向けの文字情報処理製品では、すべてこの規格を沿った文字表記が義務づけられている。