さくらインターネット(田中邦裕社長)が、10月17日に開催された「第2回Datacenter Dynamics東京カンファレンス」で、「フューチャーシンキング&デザインコンセプト・アワード」(日本データセンター協会主催)を受賞した。

 「フューチャーシンキング&デザインコンセプト・アワード」は、次世代に貢献するデータセンター(DC)ソリューションを評価する国際的な賞。受賞対象となったさくらインターネットの石狩DCは、北海道の低温外気を活用した冷房システムや、電力効率にすぐれたHVDC給電システムを採用し、世界最高水準のエネルギー効率を達成している。アワードでは、こうした先進技術による省電力への取り組みが評価された。

 同社は、今回の受賞を機に、今後も先進的な技術探求を継続し、価値あるDCサービスの実現とインターネットの発展を目指す。