さくらインターネット(田中邦裕社長)は、専有ホスティングサービス「さくらのマネージドサーバ」のプランを改定し、従来の「Core 2 Duoプラン」に代わる「Core i5プラン」を8月30日から提供する。

 「さくらのマネージドサーバ」は、共用サーバーの手軽さと専用サーバーの自由度をもつ専有ホスティングサービス。10年6月に提供を開始した「Core 2 Duoプラン」のコストパフォーマンスを高めるために、CPUをCore 2 DuoからCore i5へとアップグレードし、プラン名称を「Core i5プラン」に変更する。

 「Core i5プラン」は、ベンチマークプログラム(Unixbench)による計測では、従来プランの約3割増しのスコアを記録。価格は変更せず、初期費用が4万5000円、月額料金が9800円。年間一括払いの場合は、1か月分の料金が割引となり、年間10万7800円。