アイキューブドシステムズ(佐々木勉代表取締役)は、iOSとAndroidに対応したモバイルデバイス管理ツール「CLOMO MDM」がiOS5をサポートしたと発表した。

 「CLOMO MDM」は、情報システム管理者がモバイル端末をリモートで操作・管理し、従業員が持つ端末の情報取得や操作制御、初期化などを行うツール。十数端末の小規模企業から、5000端末以上の大手企業まで幅広く利用され、4万ライセンスを販売した実績がある。富士キメラ総研の『2011スマートフォンビジネス総調査』では、法人MDMマーケットで56.5%のシェアを獲得している。

 アップルの最新OSであるiOS5をサポートしたことで、ユーザーの利便性が向上。アイキューブドシステムズでは、12年初旬に管理機能の強化などを予定している。