大塚商会(大塚裕司社長)は、11月1日、アプリケーションを識別・制御する次世代ファイアウォール管理サービスの提供を開始した。

 ファイアウォール機器のレンタルや機器の運用支援、動作状況の監視に加えて、統計レポートの作成、顧客の要望に沿ったアプリケーション制御の設定を大塚商会が行うサービス。企業システムで使用されるアプリケーションを可視化し、業務に不要なアプリケーションの使用やウェブアクセスを制御することで、セキュリティを強化する。顧客は細かい設定や動作状況の確認などをアウトソーシングすることで、専任の管理者がいなくても安心して利用できる。

 大塚商会が24時間365日の機器稼動監視を行い、障害発生時には顧客へ通報する。また、ファームのバージョンアップや障害時対応など機器のメンテナンス、インターネット通信の利用状況をまとめた標準レポートを毎日提供。顧客の環境で制御するべきアプリケーションや異常通信しているアプリケーションの洗い出しをサポートする。洗い出したアプリケーションに対する設定変更は、顧客の指示で同社の運用監視センターが遠隔操作で代行する。

 価格は、「FMS/PA-500」が月額5万7000円、「FMS/PA-500(24時間365日稼働監視タイプ)」が月額7万5000円、「FMS/PA-2020」が月額11万8000円、「FMS/PA-2020(24時間365日稼働監視タイプ)」が月額15万5000円。大塚商会は、初年度200件の販売を目標としている。