大塚商会(大塚裕司社長)は、10月6日、災害対策に有効なバックアップソリューション「TWIN NAS遠隔地バックアップ 3TB/6TBパック」の提供を開始した。

 同社が提供する大容量ファイルサーバー・ストレージとバックアップ専用ストレージ、大塚商会オリジナルの回線サービスをパッケージ化し、初期費用を従来の約半分程度に抑えたソリューション。設計コンサルティングやファイルサーバーの設定作業などを効率化し、専用回線の事務手続きやルータのレンタル、設置・設定なども一元化することで、導入時の手間や工数を削減する。

 回線にはベストエフォート型を利用することで帯域保証型回線と比べてコストを下げ、中堅中小企業でも導入しやすくした。税別価格は、「TWIN NAS遠隔地バックアップ 3TBパック」が初期費用576万2000円から、「TWIN NAS遠隔地バックアップ 6TBパック」が初期費用716万2000円から。