フォースメディア(池田譲治代表取締役)は、11月14日、NASとハードディスクドライブ(HDD)、3年間の保守サービスをセットにしたストレージ機器「安心SMBパッケージ」3モデルを発表した。

 「安心SMBパッケージ」は、中小企業をメインターゲットにしたストレージ機器で、NASとHDDに加えて、3年間の保守サービスをパックにした。保守サービスは、「先出しセンドバック保守」というタイプで、万一故障した場合、その内容を問わずフォースメディアが交換部品をすぐに提供する。「通常は、ユーザー企業が壊れた部分を郵送し、内容を確認したうえで交換部品を送るのが一般的」(フォースメディア担当者)で、差異化ポイントになるという。

 発表した3モデルは、標準メモリ1GBのNAS「TS-259Pro+」1台と2TBのHDDが2個の「TS-259Pro+ 安心SMBパッケージ」(14万4000円)、「TS-259Pro+」1台と2TBのHDD4個をセットにした「TS-459Pro+ 安心SMBパッケージ」(23万4000円)、「TS-259Pro+」の上位機種でメモリを2GBまで増設できるNAS、2TBのHDD4個をセットにした「TS-459ProII 安心SMBパッケージ」(24万4000円)をラインアップした。3モデルすべてに、3年間の先出しセンドバック保守サービスが付属する。