ニュース

兼松エレ、ドリーム・アーツとクラウドパートナー契約、グループウェア「INSUITE」のサービス提供を開始

2011/11/14 10:37

 ICT(情報通信技術)ベンダーの兼松エレクトロニクス(榎本秀貴社長)は、ドリーム・アーツ(山本孝昭社長)とクラウドパートナー契約を締結し、ドリーム・アーツが開発した企業向け情報ポータル型グループウェア「INSUITE」のクラウド型のサービス提供を開始した。

 「INSUITE」は、ポータル作成やスケジュールといった機能や、ユーザー管理や組織管理などの管理機能を備えている。価格は、1ユーザーアカウントあたり月額800円から。

 兼松エレクトロニクスは、親会社である兼松の国内拠点向けに「INSUITE」をクラウド型サービスとして提供しているほか、自社への導入を決定している。実践利用によって培ったノウハウをもとに「INSUITE」を展開していく。2012年3月期を初年度として、3年で3万ライセンスの販売を目指している。(ゼンフ ミシャ)
  • 1

関連記事

兼松エレクトロニクス、BAのコンサルティング・サービス開始、IBMの協力も受けて

KELと日立ソリューションズ、市光工業にグローバル高速転送サービスを納入

KELとニュートラル、クラウド型EDIサービス事業で合弁会社「クラウドランド」を設立

兼松エレクトロニクス、企業向け大容量ファイル送受信サービスのクラウド版

兼松エレと兼松コミュニケーションズが協業、スマートフォン・タブレット端末向けリモートアクセスサービス

外部リンク

兼松エレクトロニクス=http://www.kel.co.jp/

ドリーム・アーツ=http://www.dreamarts.co.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>