エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、PKWARE社のデータ圧縮・解凍ソフトの新版「PKZIP for Server v14」と、UNIXとLinux、Windowsサーバー向けセキュリティソフトの新版「SecureZIP for Server v14」を発売した。

 「PKZIP for Server」は、独自のファイル管理と最大98%まで縮小するデータ圧縮機能でファイル転送時間を短縮するなど、効果的なデータ管理を実現する。「SecureZIP for Server」は、「PKZIP for Server」の機能に加え、強度な暗号化機能でサーバーのデータを保護。バックアップファイルと転送ファイルを保護する。シンプルなZIP標準で、サーバー管理者にとって容易な導入・運用・保守が実現できる。

 「v14」には、「SecureZIP」にOpenPGPのサポートを追加。AES、3DES、デジタル証明書を使用した暗号化に加え、OpenPGPキーを使用した暗号化ができるようになった。単一のアプリケーションで、ZIPとOpenPGPファイルの両方をサポートすることで、社内・社外を問わず、顧客やビジネスパートナー間で、セキュリティデータを共有できる。