エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、PDFアプリケーション開発コンポーネントの新バージョン「BCL easyPDF SDK 7.0」を、11月16日に発売する。

 ソフトウェア開発者が独自のPDFソリューションを実現できるよう、さまざまなプログラミング言語をサポートし、PDF文書の生成、編集を行うアプリケーションを簡単に構築できるプログラミングツールキット。サーバーアプリケーションやデスクトップアプリケーションに簡単に統合でき、開発プロセスと保守プロセスに必要な時間と費用を節約する。

 新バージョンは、PDF Printer API(PDF出力)に「Microsoft Office 2007/2010」向けのオブジェクトを追加。サーバー側でPDF変換処理を行う際に、従来のようにあらかじめインタラクティブなユーザーとしてサーバーにログインしておくことなく、Officeドキュメントを変換することができる。また、XLS/XLSX、PUB、VSD、PPT/PPTXファイルをPDF出力する際の特別な変換オプションを用意している。

 さらに、PDF Processor API(PDF編集)に新たなAPIを追加。テンポラリファイルを使用せずに、メモリ内でPDFページの抽出処理を行う「Processor.ExtractPagesMem」、PDFのページを他のPDFページ上に配置する「Processor.StampPDFonPDF」、PDFページ上の特定の領域を切り取る「Processor.CropPages」と「ProcessorHandle.CropPages」などの新しいAPIを機能追加した。

 価格は、「BCL easyPDF SDK 開発ライセンス」が6万8250円、「BCL easyPDF SDK 配布ライセンス(デスクトップ)」が1万290円、「BCL easyPDF SDK 配布ライセンス(社内サーバー)」が34万620円、「BCL easyPDF SDK 配布ライセンス(Webサーバー)」が45万345円。初年度は別途30%の年間サポート&メンテナンスの同時購入が必須となる。