ニュース

日本IBM、SIerのJBSと3分野で協業、中堅企業の開拓を狙う

2012/01/05 20:04

 日本IBM(橋本孝之社長)は、中堅企業向けソリューションの分野で、システムインテグレータ(SIer)の日本ビジネスシステムズ(JBS、牧田幸弘社長)と協業する。

 両社は、これまで大規模シンクライアント案件でのx86サーバーとストレージの導入で協業してきた。今回、中堅企業にターゲットを絞り、三つの分野で協業する。

 一つ目は、新興国から日本に進出する金融機関の在日支店を中心とした外資系金融業向けのビジネス。JBSは、自社のシンクライアントソリューションに、IBMの独自技術「eX5」を活用したx86サーバーを組み合わせて展開する。

 二つ目は、中堅中小企業向けIT資産管理の分野。JBSは、パソコンや多機能携帯端末など、IBMの企業ネットワークエンドポイント統合管理ソリューション「IBM Tivoli Endpoint Manager(TEM)」を活用し、自社のIT資産管理ソリューション「JBS Managed Endpoint」をSaaS型で提供する。

 三つ目は、ビジネスプロセス管理(BPM)ソリューションの分野。JBSは、業務を可視化するIBMのBPMソフトウェア「IBM Business Process Manager」とクラウド型のBPMツール「IBM Blueworks Live」を生かして、出荷管理や引合管理などに最適化した18個のテンプレートを作成し、業務コンサルテーションを行う。(ゼンフ ミシャ)
  • 1

関連記事

日本IBM、日本生命の大阪DCで約20%の消費電力削減を実現

NECと日本IBM、ウェブアプリの脆弱性を迅速に発見・補修するソリューション

日本IBM、企業向け機能を網羅したプライベート・クラウド構築の支援サービス

日本IBM Lotus Notes/Dominoの販売が好調 Domino Express版で割安感を訴求

日本IBM、クラウド・アプリケーションの応答時間を短縮する新サービス

外部リンク

日本IBM=http://www.ibm.com/jp/ja/

JBS=http://www.jbs.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>