日本IBM(橋本孝之社長)は、11月25日、プライベート・クラウド環境の構築を支援する「IBMプライベート・クラウド構築支援サービス」を開始した。

 クラウド環境を実現するアプライアンス製品「IBM CloudBurst」や、開発テスト向けプライベート・クラウドの構築を支援する「IBM Smart Business 開発&テスト・クラウド構築サービス」といった従来商材に加え、企業向けのプライベート・クラウド環境構築に必要な機能を追加したサービス。

 ユーザー認証統合によってシングルサインオンができる既存システムやパブリック・クラウドとの連携機能をはじめ、仮想サーバー作成時の承認ワークフロー機能や、仮想リソースの状況監視機能を追加提供する。

 利用料金は、仮想サーバー10台程度の構成の場合、700万円程度から。(ゼンフ ミシャ)