アスク(武藤和彦代表取締役)は、米Ciphertex製品の取り扱いを開始し、第一弾として、暗号化RAIDストレージ「CX-RANGER-E」を2月下旬に発売する。

 「CX-RANGER-E」は、ハードウェア処理でAES-256暗号化を行うRAIDストレージ。2.5インチのハードディスクドライブ(HDD)を5台搭載できる。今回は1TB HDDを5台備える5TBモデルを発売。暗号鍵にはUSBセキュリティキーを用い、USBセキュリティキーをもつ人だけがストレージにアクセスできる認証システムを構築する。

 また、パソコンとのインターフェイスは標準でeSATAに対応。利用者の要望で、USB3.0、USB2.0、FireWire800へ仕様変更することも可能だ。市場推定価格は22万8000円前後。