2011年度上期、SAPジャパンの売上高は前年同期比24%増の2億9300万ユーロ(IFRSベース)だった。インメモリデータベースをはじめ、クラウドサービスやモビリティなどの新分野が著しく伸びた。この勢いをかって、安斎富太郎・新社長はパートナー企業とともに新規事業を大きく育てていく。