エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、米MadCap Software社のヘルプオーサリングツールの新バージョン「MadCap Flare 8.0」の販売を開始した。

 テクニカルライター、コンテンツ作成者、ドキュメント専門家向けのXMLベースのオーサリングとパブリッシングソリューション。シングルソースから、多数の出力形式をパブリッシュできる。新バージョンでは、新しいフレームレスなHTML5 ウェブ出力、eBook向けのePub形式の出力を追加した。また、リボンUIでデザインを一新し、さらに使いやすさを向上している。

 なお、「MadCap Flare 8.0」とあわせて、組織内の任意のメンバーによるコンテンツの寄稿・レビューに対応し、オーサリングとレビュー処理を簡易化する「MadCap Contributor 4.0」、Flareプロジェクトとコンテンツを分析してレポートする「MadCap Analyzer 5.0」、画面キャプチャーツール「MadCap Capture 6.0」の3製品もそれぞれ新バージョンとして同時発売する。

 価格は、「MadCap Flare 8.0 新規購入(ダウンロード版)」が12万6000円、「MadCap Flare 8.0 アップグレード購入(ダウンロード版)」が6万3000円、「MadCap Flare 8.0 RoboHelp乗り換え購入(ダウンロード版)」が8万8200円、「MadCap Flare 8.0 サポートメンテナンス(ブロンズ1年)」が6万1950円。