新明和ソフトテクノロジ(新明和ソフト、保尾武社長)は、パーツカタログなどの文書管理システム「シー・エス・ディレクター」を発売した。製造業を主なターゲットにする。

 製造業がもつ電子文書の閲覧・管理を支援するシステム。製造業のアフターサービス業務で必要となる保守用のパーツカタログやマニュアルなどの各種情報を電子化し、パソコンなどで閲覧できる。製造業向けシステムの開発を得意にする新明和ソフトのノウハウを生かした。

 税別価格は、クラウド型のサービス(パーツカタログ)の場合で、1ユーザーあたり2000円。別途、初期費用として2万5000円が必要。最低契約人数は10ユーザー。2013年度末までに、累計で5000ユーザーの獲得を目指す。

「シー・エス・ディレクター」の概念図