日立製作所(中西宏明社長)は、4月13日、ブレードサーバーの新モデル「BS500」と基幹系システム向けハイエンドモデルの新版「BS2000」の販売を開始した。

 ブレードサーバー「BS500」は、日立独自のサーバー仮想化機構「Virtage(バタージュ)」や障害発生時に予備サーバーブレードに自動で切り替えて業務への影響を最小限に抑える「N+1コールドスタンバイ機能」を搭載する。また、イーサネット・ファブリックなど、最新のデータセンターネットワークにも対応。サーバーの仮想化や、クラウド、大量データを扱うシステム基盤に求められる処理性能や拡張性、柔軟性、運用性を備える。

「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS2000」の標準サーバーブレードのラインアップには、最新のインテル Xeonプロセッサ E5-2600製品ファミリーを採用し、処理性能とメモリ容量を大幅に強化した2モデル「標準サーバブレードR3モデル」と「標準サーバブレードS3モデル」を追加した。

グローバルでは、日立データシステムズが「BS500」を「Hitachi Compute Blade 500」、「BS2000」を「Hitachi Compute Blade 2000」の名称で提供する。

PCサーバーである日立アドバンストサーバー「HA8000シリーズ」のラインアップにも、処理性能とメモリ容量を強化したラックマウントサーバーの2プロセッサモデル「HA8000/RS220-h」「HA8000/RS210-h」を追加した。

価格は、「BS500」が111万9300円から、「BS2000 標準サーバブレード」が53万3400円から、「HA8000/RS220-h」が28万4550円から、「HA8000/RS210-h」が26万4600円から。