IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、8月28日、国内サーバー市場の産業分野別動向を発表した。

 IDC Japanは、産業分野を「金融」「製造」「流通・卸・小売」「通信・メディア」「ITサービス」「官公庁」「文教」「その他」の8分野に分類した。

 2011年の国内サーバー市場の出荷額構成比は、製造が前年比1.4%増の19.8%、金融が3.1%減の18.7%、通信・メディアが2.5%増の15.4%を占めた。

 製造は、09年に世界的金融危機の影響で出荷額構成比が16.6%にダウンしたが、10年以降は徐々に回復し、11年は再び産業分野のトップに戻った。金融は、09~10年にメインフレームの出荷が好調で、製造を抜いてトップの出荷額構成比を獲得していたが、11年は1.1ポイント差で製造にトップを譲る結果となった。

 11年の通信・メディアは、03年以降で最大の構成比を記録。11年の出荷額の成長率は前年比14.4%増で、8分野では最も高い成長を示した。11年は、スマートフォンの普及に伴うインターネットアクセスの急増によって、通信制御やインターネットビジネス向けのサーバー導入が好調だった。

 都築裕之サーバーリサーチマネージャーは、「スマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの急増に対応するために、x86サーバーの大型増強が目立っている。今後は、成長セグメントの産業分野に重点を置いたソリューションの強化を行い、競合他社との差異を訴求することが重要だ」としている。

 なお、2011年に出荷された「京」コンピュータは、例外として集計から除いている。(真鍋武)

国内サーバー市場 産業分野別出荷額構成比(京を除く)、2011年