ニュース

ウイングアーク、帳票基盤ソリューション「SVF」がWindows Azureに対応

2012/09/21 20:09

 ウイングアーク(内野弘幸社長)は、帳票基盤ソリューション「SVF(Super Visual Formade)」がWindows Azureに対応すると発表した。

 Windows Azureは、世界41か国の顧客に利用されているオープンで柔軟なクラウドプラットフォーム。今回、Windows Azureに対応するSVFは、国際規格への対応強化をはじめ、グローバル環境への対応や帳票設計の機能拡充を行った「Ver9.1」が対象。

 対応によって、Windows Azureの提供する常時稼働・接続、無制限のリソースなどの特徴をもつクラウド環境で、「SVF Ver9.1」の機能を最大限に活用することができるようになる。税別価格は、「SVF for PDF Ver 9.1」が80万円から(1サーバー/1CPU/デュアルコア)、「SVF for Excel Ver 9.1」が80万円から、「SVF Connect for .NET Framework API Ver 9.1」が30万円から。
  • 1

関連記事

BCN、「SMB&地方自治体」攻略ITビジネスセミナーを開催

ウイングアーク、帳票基盤ソリューション「SVF/RDE」の導入サービスを拡充

インターコムとウイングアーク、帳票運用ソリューションの拡販で協業

ウイングアーク、BI・データ活用ソリューションのLinux版

ウイングアークテクノロジーズ、7月17日に社名を「ウイングアーク」に変更

外部リンク

ウイングアーク=http://www.wingarc.com/

「SVF(Super Visual Formade)」=http://www.wingarc.com/product/svf/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>