一般社団法人の日本ソフトウエア産業協会(NSA、河合輝欣会長)は、会員企業間の交流を促進するイベント「首都圏情報団体合同ビジネス交流会2012」を、10月11日に開催する。共催は、社団法人の千葉県情報サービス産業協会(CHISA)。

 NSAは、国内ソフト開発業の発展を目的に、1985年に設立された一般社団法人だ。東京都内にある中堅・中小ソフト開発会社を中心に、約150社が会員となっている。「首都圏情報団体合同ビジネス交流会2012」では、会員企業の商品・サービスのプレゼンテーションセッションのほか、参加企業の交流会を開く。NSAとCHISAをはじめ、神奈川県・埼玉県・山梨県の情報サービス関連団体も協力し、合計5団体が共同でイベントを企画した。昨年、同様のコンセプトでイベントを開いており、前回の内容に対する会員企業の評価は高くて盛況だったので、今年も開催することになった。

 イベントの内容は、講演と各社のプレゼン・商談会、交流・懇親会。講演には、銀座のクラブ「ふたご屋」のオーナーで、作家のますい志保氏が登壇する。ますい氏は、「ビジネスで成功する男とは?…銀座のママが本音で語る」をテーマに、約1時間講演する。参加は、特別講演とプレゼン・商談会は無料、交流・懇親会は1人4000円。NSAのウェブサイトで申し込みを受け付けている。定員は50人。

開催概要
開催日時 :10月11日 14時~19時
会場   :アルカディア市ヶ谷  千代田区九段北4-2-25
参加費用 :特別講演とプレゼン・商談会は無料、交流・懇親会は1人4000円
問い合わせ:NSA事務局(TEL:03-3537-7501)