データ解析のブレインパッド(草野隆史社長)が、自動車の電子制御装置を開発するテクトムと業務・資本提携した。専用デバイスを用いて車両情報を収集・分析し、交通事故の削減やエコドライブの推進に寄与するサービスを共同で提供する。

 ブレインパッドのデータマイニング技術とテクトムのテレマティクスデバイス開発技術を融合。専用端末から秒単位の車両情報を収集・分析することで、例えば、危険な運転行動をリアルタイムで予測し、運転者の注意喚起ができるようになる。このほか、燃料消費量の予測やCO2排出量の計測、高度な車両運行管理などの活用シーンが想定できる。

 両社は、共同サービスを官公庁などの行政機関や自動車メーカー、リース会社、運輸事業者などに展開する。中期的には、コンシューマ向けのサービスも検討する。(ゼンフ ミシャ)

共同サービスの活用イメージ