日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、2月4日、モバイルやパソコンのウェブサイト、コールセンターなど、複数の接点での顧客行動の統合的な分析や、販売促進キャンペーンの計画・実施、売上げや利益を最大化させる価格設定など、企業のマーケティングを総合的に支援するソフトウェア群「IBM Enterprise Marketing Management V9.0(EMM V9.0)」を発売した。

 2010年に買収したUnicaやCoremetricsの製品の複数機能を統合し、新たな機能を追加したワンストップ・ソリューション。コールセンターやウェブサイト、実店舗など、さまざまな顧客接点をまたがるクロスチャネルでのマーケティング展開や、オンラインとオフラインの購買活動の相互連携であるオンライン・トゥ・オフライン(O2O)を実現するマーケティング施策など、企業のマーケティング課題の解決を支援する。

 販売促進キャンペーンの計画から実行、測定までを支援する「IBM Campaign」やウェブサイトの顧客行動を分析できる「IBM Digital Analytics」、マーケティングの予算とプロセスを管理し、マーケティング活動の効率性を高める「IBM Marketing Operations」、オンラインとオフラインの販売データを統合し、総合的なマーケティング活動を支援する「IBM Digital Analytics Multichannel」など、機能の異なる20種類以上のソフトウェアを個別またはワン・パッケージで提供する。

 さらに、個々の顧客の複数のチャネルにわたる購買行動を分析し、適切なレコメンデーションを提示する機能や、実行段階に入ったキャンペーンの進捗やデジタルの行動データをリアルタイムで管理する機能、他社のマーケティング・システムのデータを取り込んで活用する機能、今後の施策を導くためのマーケティングの結果を分析する機能など、従来のUnicaやCoremetricsの製品では提供していなかった新しい機能を追加している。

 価格は個別見積り。要望に応じて、オンプレミス用ソフトウェアやクラウド・サービス(SaaS)で提供する。