アイネット(梶本繁昌社長)は、Citrix HDX専用ゼロクライアント「NComputing N Series」を発売すると同時に、プライベートクラウドサービス「VAiOS」上で展開する仮想デスクトップ(DaaS)「VIDAAS」と、「NComputing N Series」によるホステッド仮想デスクトップ(HVD)サービスの提供を開始する。

 「NComputing N Series」は、Citrix HDX機能を最大限に発揮できる「SoC(System on Chip)」に対応した独自開発の専用プロセッサ「Numo 3」を搭載し、低コストながら高品質・高機能のゼロクライアント端末。

 ラインアップは、一般的な機能を備えてHD780pまでのHDXセッションを支援する「NComputing N400」と、高いハードウェアスペックでHD1080pまでのHDXセッションを支援する「NComputing N500」。

 「NComputing N Series」での展開に対応するDaaSは、VIDAAS(Citrix XenDesktop、Citrix XenApp)、VIDAAS Lite(Citrix VDI-in-a-Box)、VIDAAS 324(XenDesktop for PC Server)。(ゼンフ ミシャ)