日立システムズ(高橋直也社長)は、2月13日、海外産業人材育成協会(HIDA)と連携して、ミャンマーのIT技術者に対してデータセンター(DC)に関する研修を実施したと発表した。

 HIDAは、主に開発途上国の産業人材を対象とした研修や専門家派遣などの技術協力を推進する人材育成機関。今回の研修は、HIDAが経済産業省から委託を受けている「インフラビジネス等展開支援人材育成事業」を活用し、2月4日から8日まで実施したもの。研修では、日立グループのDCの見学会や運用サービスに関する勉強会、先進的な製品の紹介などを行った。

 日立システムズは、この研修によって、日本企業の高品質なDC運用技術・設備に関する理解を促し、ミャンマーのITインフラ整備を支援すると同時に、日立グループを含む日本企業のインフラ・システムの輸出促進を期待している。今後も研修の継続的な実施と内容拡充などを通じて、ミャンマーと日本の経済発展に貢献していく。