インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、社外から社内ネットワークへの安全な接続を実現するリモートアクセスサービスのラインアップを強化し、新たに「IIJ GIOリモートアクセスサービス」の提供を2月28日に開始する。

 スマートフォンやタブレット端末、モバイルPCなど、端末の種類を問わず、自宅や外出先からインターネット回線を利用して、IIJサービスや顧客ネットワークに接続できる環境を提供するクラウド型のリモートアクセスサービス。VPN接続時のアカウント認証に加え、接続時間帯、接続元IPアドレス、MACアドレス、サービス単位といったきめ細やかなアクセス制御によって、セキュリティレベルの高い安全なリモートアクセスを実現する。さらにマトリックス認証オプション(13年春提供予定)を利用することで、なりすましや不正アクセスを防ぐ強力なセキュリティ環境を構築できる。

 端末や回線を選ばず、IIJサービスや顧客ネットワークへ簡単に接続できる。VPN接続時のプロトコルはSSTP、L2TP/IPsec、PPTPに対応。「IIJモバイルサービス」「認証アウトソースサービス」を併用することで、インターネット上の脅威から隔離されたプライベート環境を構築でき、閉域接続と同様の高いネットワークセキュリティを実現する。

 IIJが提供する各種クラウド型サービスにも、リモート環境からシームレスに接続して利用することができる。例えば、「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」と組み合わせることで、モバイル端末からウェブにアクセスする際のセキュリティを強化できる。

 税別価格例は、100セッション(300ユーザー)の場合、月額8万2800円から。月額費用のほかに別途初期費用が発生する。