インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、2月7日、国内初の外気冷却コンテナユニットによる商用データセンター(DC)として、2011年4月に開設した松江データセンターパークについて、現在の2倍の施設規模に拡張することを決定し、4月から増設工事に着手する。

 IIJは、これまで松江DCを自社のクラウドサービス「IIJ GIOサービス」のファシリティとして活用してきた。利用は順調に増加しており、今後も拡大が見込まれるクラウド需要に対応するために拡張を決定した。敷地内には、利用者の個別IT機器を預かるハウジングスペースも新設する。

 新たに増設するDC施設は、13年秋の稼動開始を予定。コンテナの設置スペースを現状の24台から48台に拡張し、サービス需要に応じて段階的にコンテナを増設する予定で、電気設備も現状の2倍の規模に拡張する。コンテナモジュールには三相4線式で給電し、変圧回数を減らすことで配電ロスを低減する。また、従来に比べ高密度にIT機器を実装することで、投資コストの低減やスペースの有効活用を推進するとともに、1年を通じた外気空調の稼働に向けた検証を進め、環境配慮型DCとしてさらに省エネ化を図る。

 新設するハウジングスペースは、DR(災害復旧)やBCP(事業継続計画)対策の一環で西日本地域にバックアップサイトを構築したいという需要に対応するもの。松江データセンターパークの地震リスクを表すPMLは1.2%と極めて低く、利用者は災害リスクの小さい環境でITシステムを構築することができる。さらに、「IIJ GIOサービス」と組み合わせることによって、柔軟なITリソースを利用することができる。