アイコクアルファ(樋田克史社長)とSRA(鹿島亨社長)、ディアイスクエア(原裕一社長)の3社は、3月13日、チームでのソフトウェア開発の生産性向上を支援するIBMソフトウェアのクラウドサービス「Rationalクラウド」の販売を開始した。

 米クラウドワンが日本IBM(マーティン・イェッター社長)とのライセンス契約の下、日本語版のIBM Rationalソフトウェアを月額料金のクラウドサービスとして提供し、アイコクアルファ、SRA、ディアスクエアの3社が日本の顧客向けに販売するもの。IBMのソフトウェア開発環境をオンプレミスで構築するよりも、初期導入費用を約85%削減できる。

 チームでのソフトウェア開発の生産性を高める統合開発ソリューション「コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント(CLM)」の日本語版をクラウドサービスとして提供する。「CLM」は、「Rational Requirements Composer」「Rational Team Concert」「Rational Quality Manager」の三つのソフトウェア製品で構成。プロジェクトマネージャや開発者、品質担当者など、ソフトウェア開発に関わるすべてのメンバーがリアルタイムで情報を入手でき、チーム全体での開発効率を向上する。

 「Rational Requirements Composer」は、ソフトウェアが満たすべき膨大な要求を管理するツール。「Rational Team Concert」は、ソフトウェアのソース・コード管理、構成・変更管理、作業管理など、チーム開発に必要な機能を一つのパッケージにした統合開発環境。「Rational Quality Manager」は、テスト計画やプロセス、実行などを管理して効率的な品質管理を支援するツールだ。

 3社は、顧客の開発ソフトウェアや体制に応じたコンピューティング資源の見積もりや開発環境の詳細な設定、開発プロセスの定義などを支援するコンサルティング・サービスを提供する。また、クラウドワンは、これまでの経験とノウハウをもとに、ソフトウェア開発に携わるユーザー数や開発プロセスの複雑さ、ソース・コードの量などに応じて、適切なコンピューティング資源を割りあてるなどの運用管理サービスを提供する。