日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、2月26日、ビジネスニーズに合わせたITの柔軟で効率的な活用を支援するPaaS形式のクラウドサービス「IBM SmarterCloud Application Services」を提供すると発表した。

 IBMのクラウド・プラットフォーム上で稼働するアプリケーションの開発環境と、アプリケーション・ライフサイクル全体の管理機能を統合したクラウドサービス。クラウド・プラットフォームでのサービス・ビジネスの立ち上げや展開を迅速に進めるため、アジャイル開発を支援し、開発と運用の連携を推進する環境を提供する。

 IBMが推進するパターン・ベースド・テクノロジを実装。ウェブサーバーやウェブアプリケーションサーバー、データベース、ディレクトリ、ロードバランサーなど、さまざまなミドルウェアやコンポーネントに関して、アプリケーションの開発、構成、統合、保守などに必要な情報をあらかじめ定義したパターンや仮想イメージを活用することで、開発期間の短縮やライフサイクル管理の効率化、運用のセミオートメーション化を実現する。

 さらに、パターンや仮想イメージを活用して開発したアプリケーションは、IBMが提供するさまざまなクラウドやプラットフォームへの複製、展開ができるほか、柔軟なシステム選択や構築ができるようになる。

 サービスは、IBMの企業向けクラウド・プラットフォーム「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」上で稼働するPaaSで提供。SCEを契約するユーザーであれば、追加の契約をすることなく、SCEポータルサイトからすぐに利用できる。価格は、サービスや機能、ミドルウェアごとに、ユーザー数や使用時間にもとづいて設定し、月額定額制または従量課金制で最適な利用料金を選択できる。

 なお、現在提供している「IBM SmarterCloud Application Services R1」では、「コラボレーティブ・ライフサイクル・マネジメントサービス」と「ワークロード・サービス」の2種類のサービスを提供している。