NEC(遠藤信博社長)とNECフィールディング(伊藤行雄社長)は、九州地域でのサービス事業の強化を目的に「NEC九州データセンター(NEC九州DC)」を福岡市内に建設し、3月27日にサービスの提供を開始する。

 NEC九州DCは、災害リスクの低い立地で、大地震でも大きな損傷なく運営を継続できる。サーバールームは2次元床免震構造を採用。停電時に無給油で72時間給電する自家発電設備を有するとともに、スポットネットワーク受電方式の採用や無停電電源装置など、冗長化された電源設備を設置。セキュリティ面でもICカードや顔認証システム、画像認識による不正通行を防止するなど厳重な入退出管理を実現している。

 プラットフォームから業務アプリケーションまでのフルサポートを提供するサービスデスクを設置し、NECフィールディングの運用サポートに関する豊富な経験・実績を生かした迅速な保守サービスを提供する。また、ユーザー企業が所有するシステムとNECが提供するクラウドサービスを組み合わせたハイブリッドなクラウド環境でも、ユーザー企業の業務運用の最適化と業務プロセスの改善によるTCO削減を可能とする「オンサイトライフサイクルマネジメントサービス」など、NECグループの総合力にもとづくトータルなサービスを提供する。

 九州地域のパートナー企業とも連携し、地元の企業や地方公共団体のニーズを踏まえた地域密着型で信頼性の高いサービスを提供。地方公共団体向けサービスについては、住民情報や内部情報などの基幹系システムに加え、ホームページのコンテンツ管理システムや、高齢者の見守り支援など、行政サービスを含む幅広いクラウドサービスを提供する予定。さらに、九州地域のNECグループの専門SEによるアプリケーション運用サービスや業務運用サービスなど、幅広いサービスメニューを揃える。

 このほか、NECグループの実績あるセキュリティサービスやリモート運用監視の仕組みの活用や、NECの強みであるネットワーク制御技術を用いたDC内ネットワークの統合管理によって安定的なシステム運用を実現。高度な情報セキュリティ品質管理規定であるISO/27001を取得する予定で、信頼性の高いサービスを提供する。また、企業や地方公共団体のディザスタリカバリとBCP(事業継続計画)に対応したDC運用を行う。