日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、4月2日、ウェブサイトで利用者が直面した障害や問題などを可視化するソフトウェア「IBM Tealeaf Customer Experience V8.7」を発表した。

 2012年5月に買収を発表した顧客分析ベンダー、ティーリーフテクノロジとの統合後、初めて提供する製品。買い物やチケット予約、銀行振込みなどの目的を達成するまでの情報入力やサイト間の移動など、利用者のウェブ上での行動をデータとして取得し、グラフィカルな管理画面で可視化して、ウェブサイトのユーザーインターフェイスの不具合や障害を発見できるようにする。

 また、利用者のウェブ上の動線を再現することで、特定の箇所で利用者が情報入力を中止した理由がわかる。さらに、パソコン上のブラウザで閲覧するウェブサイトだけでなく、スマートフォンやタブレット端末で活用するモバイルアプリケーションにも対応する。

 購入後1~2週間の構築・設定作業で利用できる。サーバーを1台準備して新製品を導入し、Webサーバーとインターネットをつなぐ経路から分岐させてネットワーク接続することで、ウェブサイトへのアクセス・ログを取り込んで集計・分析し、管理者は管理画面からその結果を確認できる。ウェブサーバーに負荷をかけないので、パフォーマンスが低下することはない。ライセンス価格は1800万円から。