【北京発】外資系の大手ITベンダーは、数年前から中国ビジネスの本格展開に取り組んでいる。現地での販売網を構築し、政府との太いパイプを築いてきた。直近では、中国の環境・社会問題を解決するために、“スマート”なIT活用を自治体に提案する活動を加速している。中国での事業展開を必死に拡大しようとしている日本ITベンダーの先輩にあたる大手外資系ベンダー。彼らの動きに必ずヒントがあるはずだ。IBM、SAP、シマンテックの最新の取り組みを取材した。(取材・文/ゼンフ ミシャ)