SAPジャパン(安斎富太郎社長)と日立システムズ(高橋直也社長)、サヴィス・コミュニケーションズ(サヴィス、沼田治社長)は、4月4日、SAPの中小規模企業向けERP製品「SAP Business One」のクラウドサービス「SAP Business One OnDemand」の提供を日本で初めて開始した。

 「SAP Business One」は、財務会計、販売・仕入れ・購買・在庫管理、顧客管理、営業支援保守サービスなどのビジネスに必要な基幹業務を統合管理する中小企業向けERPパッケージ。これをクラウドサービスとして提供するのが「SAP Business One OnDemand」で、ユーザー企業は多言語・多通貨に対応した豊富な機能をもつ基幹業務システムを安価な初期導入費用で、運用・保守負荷が少ないクラウドサービスとして利用することができる。

 日立システムズは、SAP製品の豊富な構築・導入実績と専門技術者を有し、長年にわたって幅広い業種の中堅・中小企業(SMB)に対してITライフサイクルのすべてをワンストップでサポートするサービスを提供している。一方、サヴィスは、グローバルのクラウドサービス事業者として、自社の東京データセンター(DC)を基盤としたクラウドサービスを提供している。

 日立システムズは、東南アジア地域をはじめ海外に進出する日系企業のニーズに応えるために、SAPのグローバルホスティングパートナーであるサヴィスのクラウドサービスを活用し、「SAP Business One OnDemand」のサービスを開始。価格は、初期費用が個別見積もり、月額費用が1人あたり1万1550円から。

 国内での第一号案件として、ミドリムシの研究開発を展開するユーグレナ(出雲充代表取締役)が採用を決定した。ユーグレナでは、特別な自社のIT設備をもつことなく、月額制で機能的に運用・管理できる「SAP Business One OnDemand」を活用し、今後、海外拠点での導入も検討する。