フォティーンフォティ技術研究所(FFRI、鵜飼裕司社長)は、4月24日、セキュリティ対策ソフト「FFR yarai」と「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能」について、Windows XP(SP2以降)とWindows Server 2003(SP2以降)を2017年12月31日までサポートすると発表した。

 Windows XPは14年4月9日に、Windows Server 2003は15年7月14日にマイクロソフトの正式なサポートが終了する。マイクロソフトからセキュリティパッチが提供されなくなるので、OSは脆弱性に対して無防備な状態となる。FFRIは、セキュリティ上の懸念から新OSへの移行を推奨しているものの、新OSのライセンスやアプリケーションの移行作業に伴うコストを捻出できないなど、サポート終了までに新OSへの移行を実施できない企業が少なからず存在すると判断し、17年12月31日までサポートを行う。

 「FFR yarai」は、標的型攻撃などの脅威から情報資産を守るソフト。独自に開発した四つのヒューリスティックエンジンによって、OSサポート終了後に発見されたマルウェアや脆弱性を利用した攻撃を高精度に検出・防御する。「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能」は、「FFR yarai」がもつ四つの検出エンジンのうち、脆弱性攻撃を防御するエンジンを切り出した製品。OSだけでなく、アプリケーションの脆弱性も既知・未知を問わず検出・防御する。(真鍋武)