三菱電機インフォメーションテクノロジー(MDIT、白井健治社長)と日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)は、4月25日、日本HPのネットワーク製品を対象としたネットワーク構築サービス「プレミアムネットワーク・サービス for HPネットワーク」を、MDITの全国拠点を通じて提供すると発表した。

 HPネットワーク製品の企画・提案から、設計・検証、導入・構築、現地試験・納品までのサービスを一貫して提供する。オープンで先進的な技術を採用し、コストパフォーマンスにすぐれたHPネットワーク製品を用いて、高速/広帯域で信頼性が高く、外部からの脅威に対応できるセキュリティレベルを確保したネットワークの構築を実現する。

 サービスメニューは、ネットワーク環境の企画、設計、構築・導入、保守の各段階のサービスのほか、拠点内・拠点間ネットワーク、無線ネットワーク、リモートアクセス、負荷分散、ネットワーク監視、ファイアウォール、IP電話網などさまざまなソリューションを用意している。とくに、HPのスイッチの仮想化技術であるIRFテクノロジーを活用した管理性と耐障害性を高めた仮想化ネットワークの構築サービスを先進的なサービスと位置づけ、積極的な提案活動を行う。

 MDITは、初年度に200ユーザーへの提供を目指す。今後は、東京、大阪、名古屋、福岡のネットワーク設計・構築のハブ拠点と、北海道から九州まで全国をカバーするサービスセンターの連携によって広く展開していく。サービスの提供を機に、日本HPと将来のSoftware Defined Network構築に向けた戦略的な協業関係を強化し、次世代ネットワーク構築サービスにつなげていく。