アシスト(大塚辰男社長)は、3月22日、日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)と仮想化分野で協業し、従来型のVDIと比較して導入コストを半減する日本HPの「Server-VDIソリューション」と、アシストが取り扱うEricom Software製クライアント仮想化ソフトウェア「Ericom PowerTermWebConnect」を組み合わせて提供すると発表した。

 「Server-VDIソリューション」は、WindowsクライアントOSへのアクセス時に必要だったVDAライセンスが不要で、ユーザーが接続する仮想マシンとしてWindowsサーバーOSを利用する。システム構成は日本HPのノウハウを駆使して、高価な共有ストレージを使わずにサーバー・ローカルのSSDを使用するなど、性能も考慮してコスト最適化を行った。管理に「HP CloudSystem Matrix」を使うことで、物理環境と仮想環境の統合管理、テンプレートを使用した自動プロビジョニングなどを実現する。

 日本HPは、当初「Server-VDIソリューション」のコネクション・ブローカー部分にWindows Server純正機能の利用を検討していたが、大規模環境への対応、LAN以外からのアクセス、iPadなどWindows以外のクライアントデバイスからの利用など、さまざまなユーザー企業のニーズに対応するために、アシストが取り扱う「Ericom PowerTerm WebConnect」を採用した。

 「Ericom PowerTerm WebConnect」は、RDPのパフォーマンスを数倍に向上させるだけでなく、iPad、シンクライアント端末を含むさまざまなクライアントデバイスからアクセスすることができる。ライセンス価格が他社製品の3分の1程度と導入コストを最適化した「Server-VDIソリューション」のコンセプトに合致し、一般的なVDIに比べて導入のトータルコストを半減する。

 「Server-VDIソリューション」の参考税別価格は、100ユーザーで570万円。

「Ericom PowerTerm WebConnect」を活用した「Server-VDIソリューション」の仕組み