日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)は、パソコンとx86サーバーの販売で、中堅SIerの三菱電機インフォメーションテクノロジー(MDIT、増田幹夫社長)と戦略提携した。MDITは、これまでパソコンとx86サーバーの販売で、三菱電機のブランド製品を販売していたが、今年1月、日本HPからパソコンとx86サーバーを調達して販売する体制を敷いた。親会社の製品だけではラインアップが乏しく、コスト競争力も弱いと判断。パソコンとx86サーバーでNo.1シェアのHPとの協業で活路を開く。(木村剛士)