ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、6月10日、透過型キャッシュ・エンジン「BigCache Proxy Engine」を開発し、これを搭載したキャッシュシステム「Smart BigCache」を7月1日に発売すると発表した。

 「Smart BigCache」は、回線設備を変更せずに、通信事業者等の上位回線へのウェブトラフィックを削減し、アクセス頻度の高い動画コンテンツなどをキャッシュ応答することでダウンロード時間を短縮して、低コストで利用者の体感速度を向上させるシステム。サービスの利用状況も把握できるので、ウェブトラフィックの傾向を見極めて、効果的に設備投資を計画することができる。

 ウェブサイトと利用者の間の通信を透過的に動作させることによって正しいコンテンツを応答する仕組みで、すでに削除されているコンテンツはキャッシュで応答しないなど、著作権保護に対応している。

 価格はオープン。