ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、ファイル転送アプライアンスの新モデル「FileZen V3.0」を3月6日に発売する。

 「FileZen」は、組織の内外を問わず、限られたメンバー間で、いつ、誰が、どのファイルを送受信したかを確認しながらデータを共有できるファイル転送システム。送信後のファイルの二次利用コントロールなど、多様なセキュリティ機能を搭載する。

 新モデルは、きょう体とラインアップを刷新し、冗長構成でダウンタイムの最小化を図ったほか、複数拠点の利用に対応した。センター側に親機、拠点側に子機を配置する構成で、WAN経由でのアップロード/ダウンロードの操作時間を短縮し、大規模環境でも業務効率や利便性を改善する。

 税別価格は、大規模モデル「FZ-DX51-A」が440万円、中規模モデル「FZ-ST81-A」が188万円、多拠点構成・子機専用モデル「FZ-SX04-A」が28万円。iPad/iPhone、Android用アプリケーションは無料、ファイル保護機能オプションは54万円。