日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、グループ会社である米Hitachi Solutions Americaの子会社として、インドにHitachi Solutions India Pvt. Ltd.(Ananth Subramanian CEO)を設立し、7月1日に営業を開始する。

 Hitachi Solutions Indiaは、米Hitachi Consultingのインド子会社から技術者を受け入れ、ERP製品「Microsoft Dynamics AX」やCRM製品「Microsoft Dynamics CRM」、フィールドサービス効率化システム「Field Service Automation」のシステム構築にかかわるオフショア開発と運用保守サービスの提供を行う。

 日立ソリューションズは、12年4月にHitachi Consultingから欧米のグループ会社にMicrosoft Dynamics事業の移管を受け、10月にはHitachi Solutions Americaに日立ソリューションズグループの中核となる「Global Center of Excellence」を設置し、欧米と日本、中国で事業を展開している。世界規模で企業のグローバル化が加速するなか、とくに欧米を中心に引き合いが増加しており、開発量の増加への対応と運用保守サービスの効率化を図るため、新会社を設立する。

 Hitachi Solutions Indiaは、Hitachi Consultingのインド子会社から移籍するコンサルタントやシステムエンジニアと現地で新規採用する人材を中心に、欧米との時差や英語でのコミュニケーションの優位性を生かし、欧米や東南アジアでのMicrosoft Dynamics事業のオフショア開発や運用保守サービスの提供を行う。また、Microsoftの技術研究機関Microsoft India Development Centerがあるハイデラバードに開発拠点を設置することで、Microsoftと協力して関連する製品やサービスの開発を進めていく。将来は、東南アジアに進出する日系企業やグローバル企業の基幹システムの構築、日立ソリューションズの製品のオフショア開発をサポートしていく予定。

 日立ソリューションズグループは今後も、北米や欧州、日本、中国、インドの約300人のコンサルタントやシステムエンジニアが連携し、世界均一の良質なサービスをグローバルに提供することで、15年度にMicrosoft Dynamics事業のグローバル売上高200億円を目指す。