アプレッソ(小野和俊社長)は、8月19日、データ連携ソフトウェア(EAI)「DataSpider Servista(DataSpider)」の最新バージョン「DataSpider Servista 3.1」と、データ連携接続用アダプタの新製品「DataSpiderアダプタ for Apache Hadoop(DataSpiderアダプタ for Hadoop」を発売した。

 「DataSpider」は、企業システムのさまざまなタイプのデータやアプリケーションなど、異なるデータの連携サービスの開発、テスト、運用をGUIによってノンプログラミングでできるEAI。「DataSpider Servista 3.1」は、大容量データ処理に効果を発揮するパラレルストリーミング処理の機能を最大限に引き出す「スマートコンパイラ」を実装し、データ連携処理パフォーマンスが大幅に向上した。

 また、「DataSpider」の処理作成で頻繁に利用される繰り返し処理機能とCSVアダプタについて、内部ロジックの最適化によってパフォーマンスを向上した。とくに、CSVアダプタは従来の機能に比べて1.5~2.0倍の高速化を実現している。さらに、最新プラットフォームのWindows Server 2012とWindows 8に対応。最新の接続先として、アダプタではAccess 2010、MySQL 5.5/5.6、PostgreSQL 9.2、DB2 10.1、リポジトリではMySQL 5.5/5.6、PostgreSQL 9.2、DB2 10.1に対応した。

 同時に発売する「DataSpider アダプタ for Hadoop」は、ビッグデータ処理に欠かせない大規模データ分散処理フレームワーク「Apache Hadoop(Hadoop)」と連携するためのアダプタ。「Hadoop」のファイルシステムであるHDFS上で、「CSVデータ読取り」や「CSVデータ書込み」「XMLデータ読取り」「XMLデータ書込み」「ファイルダウンロード」「ファイルアップロード」などの機能を提供する。税別価格は、一括払いライセンスで50万円。